banner

banner たったの3か月でハイレベルな英語力の基礎(TOEIC700-800レベル)を光速マスター出来ます!
banner 6か月で6冊の洋書を読み切り、速読・記憶・語学脳が一気に開花する講座。毎月一冊洋書を完全マスター
banner 英語コーチとしてのありかたやセッション内容について深い学びが得られます。

新着情報・お知らせ                    Information

■ 2013.10.01  卒業生のAskaさんが(社)日本英語コーチ連盟の取材を受け
           「人の可能性を信じるのが得意です!」が掲載されました。
■ 2013.09.24  卒業生の中田真由美さんが(社)日本英語コーチ連盟の取材を受け
           「全ての活動の基本は「つながる」こと」が掲載されました。
           卒業生の加藤由希子さんが(社)日本英語コーチ連盟の取材を受け
           「英語ができないママでも国産バイリンガルを育てられることを伝えたい!」が掲載されました。
■ 2013.09.02  卒業生の松見悠美子さんが(社)日本英語コーチ連盟の取材を受け
           「英語が好き」+「その人らしさ」が魅力の仕事が掲載されました。
■ 2013.08.30  卒業生の小田切由美子さんが(社)日本英語コーチ連盟の取材を受け、
           「遠回りな英語の学習方法を覆したい!」が掲載されました。

英語コーチングとは?

日本人の英語学習者のために、エフィカシージャパンが開発した、画期的な英語学習システムです。英語学習の目標を達成するためのパーソナルトレーナー(英語コーチ)をつけることによって、短期間に、クライアント様が目標とする、達成レベルへ到達できるように計算されたシステムです。

エフィカシージャパンが開発した英語コーチングは、
・認知言語学をベースにした日本人のための英語習得法(教授法)
・クライアントの目標達成に伴走し、専門的知識や経験から適時・的確なアドバイスができる英語コーチによるコーチング(コース設計、個人セッション)
から成り立っています。

英語コーチングの特徴

エフィカシージャパンが開発した英語コーチングは、英会話スクールで提供しているネイティブとの会話練習以外で、日本人の英語習得に必要な要素はすべて、総合的にパッケージされています。

基本的な会話力のベースになる表現のパターンプラクティスによる英語脳の構築、英語を英語のままイメージ理解して読んでいく洋書読解法、英字新聞を読むのに必要な背景スキーマ(英語圏の英字経済社会文化の背景知識)の習得、ネイティブの感じている身体・空間感覚をコピーする認知文法、速読や右脳学習の方法を利用したネイティブ並の語彙増強法などが、段階的にパッケージされています。

外国語を習得するのに、ネイティブとの会話練習や留学の有用性はありますが、英語圏の動画、音声、テキストが入手しやすい現代の情報社会では、方法論さえ確かであれば、語学は自分で習得できるようになります。

英語コーチングは、クライアント自らが語学習得のメカニズムをマスターしながらレベルアップしてゆくので、学んだことをすぐに教えられるようになります。そして、自分が学んだことを教えるのが、最も効率的な学習法です。スカイプ環境があれば世界のどこからでもセッションができる英語コーチは、自由で豊かなライフスタイルの実現という点でも非常に魅力的です。

Message                衣川信之  Nobuyuki Kinugawa

img-kinugawaメタファーに囲まれて

ある日の昼下がり、並木道をお散歩していました。陽光に輝く緑は美しかった。そして、思ったのです。

木や草花や大地や地球や生命を切り離して、花や木の名前だけ覚えても、その花や木を見ていることにはならないなと。だから、単語は、充てた訳語を頼りに意味を取ろうとすると、すぐに強引な読み方になってしまいます。お隣の単語との相性や、文全体の含意の中に浮き沈みしてダンスする意味の広がりがあるのです。

この域にならないと、速く精確に文章を読むことはできませんし、スピーディーに展開するネイティブの話題にもついていけません。TOEIC の点も思うように伸びません。単語(訳語)の意味をつなげても、その文章が運ぶ意味にはならないのです。

母国語であれば、私たちは、容器や導管のような経験して身体・空間感覚のある、何かのイメージ型を用いて、情報を運んでいます。外国語の勉強なった途端に、豊かなメタファー使いを忘れてしまうのですね。

学校でも、英会話スクールでも、どこでも教えてくれません。

言語学、コーチング、夢の実現

これらをすべて結び、素晴らしい全方位的能力開花のベースになるのが、メタファーです。子供の頃は、誰もが、魔法の国に住んでいました。大人は自分で魔法をかける必要があるのかもしれませんね。 2013年7月11日

                                     ・・・これまでのMessege   

Copyright(c) 2010 Efficacy Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.